太陽光発電の経済効果

以前に比べ、よく耳にするようになった太陽光発電。

自然エネルギーへの関心が高まってきている証拠といえるでしょう。

最近では「太陽光発電の達人」のような、導入を検討している人のサイトもよく目にするようになってきました。

太陽光発電を導入する際に気になるのは、実際、どのくらの経済効果があるのかという点でしょう。

一般的には、太陽光発電導入から約11年目以降に、経済効果がでてくるようです。

導入時にかかる初期費用は、太陽光発電システムの機器と設置工事費です。

太陽光発電の容量によってシステム価格も異なりますが、補助金を差し引いた後の自己負担額は約175万円です。

導入後10年目には、売電メータ交換が必要となるので、これにかかる費用約2~5万円もプラスします。

ここまでが支出の部分です。

次に、どれだけの光熱費を削減できるのかを見てみます。

光熱費削減効果は、年間の発電量と発電量を金額に換算するといくらになるのかを算定して知ることができます。

年間の発電量は、太陽光発電システムの設置条件によって大きく変わるので、地域ごとの発電量試算例もチェックして参考にしましょう。

発電量を金額に換算する際の売電単価は、設置から10年間は38円/kWhとなっています。

これに基づいて計算をすると、10年間での経済効果(収益)は、145~150万円ですので、太陽光発電の経済効果は、11年目から発揮されるということになります。

このように収益が出るのは長い目で見る事になりそうですが、今後の事を考えると自力で発電できる仕組みがあるのは大切な事かもしれません。

Comments are closed.